様々な症状が見られる

カウンセリング

じっくり休むことが大切

楽しいはずのことをしても心が動ない状態にあったり、落ち込んだ状態の抑うつ気分が続いたりするのが、うつ病の特徴です。また、抑うつ気分は朝がピークで、午後から夕方にかけて少し良くなっていく人が多いです。どんよりした気分が長く続くため毎日が辛いものに感じ、外出が億劫になって家でぼんやり過ごすことが増えます。食欲も沸かず、無理に食べても美味しいと感じることは少ないです。体重はもちろん筋肉も減っていくので体力も落ち、さらに元気が出なくなるという悪循環も起こります。睡眠に関しても様々な問題が出ます。比較的多いのは早朝覚醒で、入眠困難や中途覚醒を経験する人も少なくありません。睡眠の質が下がると益々体調が整わず、疲労困憊の状態になりがちです。頭の回転も遅くなり、物事を決めたり集中したりという動作が難しくなります。仕事はまるで捗らず、残業が増えることでさらに疲労も増えるというケースも多いです。そして、頭の回転が落ちると共に、行動も遅くなることがあります。これは、心と体のエネルギーがいよいよ残り少なくなっている状態です。頭の回転は遅くても何も感じないわけではなく、不安や焦燥感には多くの人が悩まされます。焦る気持ちに加えて、自分を過剰に責めてしまう行動もよく見られます。このような状態が長く続くと、生きていることが辛く、消えてしまいたいと感じることは珍しくありません。うつ病の治療は基本的に通院治療ですが、命に危険がある場合は入院治療で大事を取ることが多いです。また、食事がほとんど取れない人や家族のサポートが受けられない人なども入院治療が効果的です。うつ病に罹りやすいのは、真面目で几帳面、律儀といった性格です。日本人に多い性格ではあるものの、その中でも責任感が人一倍強く、完璧を求めがちなタイプが罹りやすいと言えます。何をしても元気が出ない、睡眠の質や食欲が落ちたという症状に気付いた段階で精神科を受診するのが理想です。人によっては抑うつ気分など精神症状には問題を感じず、身体症状にだけ大きな問題を感じます。そういう人は内科などを受診して体に問題はないと診断されてしまい、精神科への受診が遅れがちです。体調が悪いと感じたら、精神的な問題もないか、自分の体と向き合ってみるのが大切になります。うつ病は心と体のエネルギーが足りなくなることで発症する疾患と言えます。治療の開始が遅れると、益々エネルギーが漏れていき、命に危険が及ぶようになる可能性は否めません。そうならないように、家族や周囲の人が治療を促してあげるのも重要です。命に危険がある場合は、入院治療が勧められます。入院期間は人によって違いますが、3ヶ月から6ヶ月が目安です。うつ病の治療は、休養を十分に取ることが第一です。入院中は早寝早起きを基本に3食決まった時間に食べ、カウンセラーとの面談時間以外はゆっくり過ごします。また、抗うつ薬の服用も治療の基本です。状態によっては、抗不安薬や睡眠導入剤を処方されることがあります。抗うつ薬は色々なタイプがあるものの、基本的な効果は足りなくなっている脳内の神経伝達物質を増やしたり働きを助けたりすることです。抗うつ薬によって、抑うつ気分や焦燥感といった精神症状を取り除くことができます。

医者

通いやすいクリニック選び

うつ病は通院期間が長引いたり、場合によっては入院しての治療が行われたりします。クリニックを選ぶ際は、通院距離や、治療に専念しやすい環境であるかどうかを十分考慮した上で選ぶことをおすすめします。早期に改善する為にも、慎重に選びましょう。

詳しく見る

男性

治療に専念できる環境です

うつ病は基本的には外来で治療を受けて、自宅で療養しますが、症状が悪化していたり、自殺念慮などがあったりする場合は、医師から入院を勧められることもあります。一時的にストレスの多い環境から離れることで、十分な睡眠や休息が取れます。

詳しく見る

看護師

心と体の両方のケアが必要

うつ病は症状が悪化しているなどの状態の場合、入院して治療に専念する場合もあります。その場合、費用がどの程度掛ってしまうのか不安に感じる人もいるかもしれませんが、自立支援制度は高額療養費制度など上手に助成を利用しましょう。

詳しく見る

人気記事

医者

通いやすいクリニック選び

うつ病は通院期間が長引いたり、場合によっては入院しての治療が行われたりします。クリニックを選ぶ際は、通院距離や、治療に専念しやすい環境であるかどうかを十分考慮した上で選ぶことをおすすめします。早期に改善する為にも、慎重に選びましょう。

詳しく見る

男性

治療に専念できる環境です

うつ病は基本的には外来で治療を受けて、自宅で療養しますが、症状が悪化していたり、自殺念慮などがあったりする場合は、医師から入院を勧められることもあります。一時的にストレスの多い環境から離れることで、十分な睡眠や休息が取れます。

詳しく見る

看護師

心と体の両方のケアが必要

うつ病は症状が悪化しているなどの状態の場合、入院して治療に専念する場合もあります。その場合、費用がどの程度掛ってしまうのか不安に感じる人もいるかもしれませんが、自立支援制度は高額療養費制度など上手に助成を利用しましょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 入院でうつ病をしっかり治そう【集中的な休養で心の回復を図る術】 All Rights Reserved.